薬剤師の転職

薬剤師に多い転職理由とは?決断前の確認と後悔しない転職活動のコツ

「今の職場で仕事を続けるのは難しいな」

「職場を変えたらもっと毎日が充実するんじゃないかな」

薬剤師は転職が多い職業だと言われていますが、転職を考えるきっかけになるのはどんな理由でしょうか?

また、仕事を辞めたくなった時に行ってみると良い行動とは?

ここでは、薬剤師に多い転職理由と後悔しない決断方法を紹介しています。

薬剤師の転職理由で多い5つのきっかけ

①人間関係が理由

薬剤師の転職理由で多いのが「人間関係の悩み」です。

一口に人間関係の悩みと言っても、職場ごとに違うものと共通するものがあります。

調剤薬局

調剤薬局の勤務は狭いスペースに長時間、少人数で働くので苦手な人を避けては通れません。

人間関係の密度が濃いため、相性が悪い人がいるとストレスは溜まる一方でしょう。

病院

院内の薬局も、調剤薬局と同様に限られたスペースが職場になるので、一度関係がこじれると大変です。

また、病院では、医師や看護師といった他の医療従事者とも接点が多くて、時には神経をすり減らすでしょう。

医師に処方意図をはかりかねて質問すると、「余計なことを聞くな」と言わんばかりに不機嫌な態度になることも。

病院勤務の薬剤師には、高いコミュニケーションスキルが求められます。

ドラッグストア

ドラッグストアは接客業の要素が強いので、他のスタッフとの協調性が欠かせません。

気をつけないと、アルバイトやパートスタッフとの関係がギクシャクしやすいのです。

例えば、セールの日は混雑しますが、人手が足りないため薬剤師もレジ業務を手伝います。

でも、薬剤師の仕事ぶりを見て、アルバイトやパートスタッフの中には不満を持つ人もいるんですよね。

「高い給料をもらってるんだから、もっとテキパキやってよ」というのが本音でしょう。

また、ドラッグストアではお客さんとの関係にも悩みがち。

お客さんの中には、調剤薬局や病院では大人しいのに、ドラッグストアでは強気になってクレームをつける人がいます。

②収入・待遇が理由

薬剤師の転職理由の一つに、「収入・待遇面の不満」があります。

薬剤師は他業種と比べて初任給は高い方ですが、昇給ペースは必ずしも良いとは言えません。

特に忙しい職場で働いている場合は「もっともらえてもいいはずなのに」と不満が溜まりがちです。

「収入・待遇面の改善」を希望して転職する人が目立ちます。

③スキルアップが理由

薬剤師の転職理由には「スキルアップ」もあります。

病院や調剤薬局は、研修制度が充実しているところと整っていないところの差が激しいです。

研修を受ける機会が少ない薬剤師は、他の職場に勤務する友人の話を聞いて焦ることも。

薬剤師は仕事を通して学ぶ部分が多いため、職場選びは重要になります。

薬局から病院、病院から製薬会社、製薬会社から薬局など業種の異なる職場への転職して、新たな知識や経験を増やしたいと考える薬剤師も多いです。

中には、病院や調剤薬局でキャリアを積んだ後、調剤併設型のドラッグストアに転職する人もいるんですよね。

調剤併設型のドラッグストアは、処方せんに合わせた薬を出すだけでなく、相談を受けた上で医薬品を紹介することもあります。

病院や調剤薬局よりもお客さんとの距離が近いのでコミュニケーンスキルは求められますが、感謝の声を聞く機会も多いのでやりがいがあるでしょう。

薬剤師が自宅に居ながらスキルアップできるeラーニングおすすめ5選

④労働環境が理由

薬剤師の転職理由では「労働環境」もきっかけの一つになります。

例えばドラッグストアでは、薬剤師でも人手が足りない時は品出しやレジ打ちなども行います。

セールの時期などは特に忙しくてくたくたに疲れるため、労働環境に不満を持つ薬剤師もいるんですよね。

事前に分かっていても、「薬剤師がこんなことまでしなければいけないのか」と溜息をつくことも多いでしょう。

またドラッグストアは、収入面では高待遇の店が多いのですが、店舗によって混雑状況には大きな差があります。

同じ会社なら給与面ではそれほど違いがないので、忙しい店に勤務していると「労働量に見合わない」と感じても不思議ではありません。

⑤転居など外的要因が理由

薬剤師の転職理由には外的要因もあります。

「配偶者の転勤で転居しなければいけない」「家族の介護が必要になり、フルタイムでの仕事が難しい」など、自分以外の事情が絡んでいます。

また、勤務先が大手のドラッグストアだと、「転勤で通勤に時間がかかるようになり生活に支障が出るから」という理由もあります。

外的要因は、他の4つの理由に比べると自分だけの問題ではないので、退職を選ぶ人が多いです。

転職を考えるならまず登録したい薬剤師求人サイト4選


登録・利用はいずれも無料です。

マイナビ薬剤師

・「薬剤師転職エージェントご利用者満足度No.1」
・転職者と「会う」ことを大事にしている
日本全国に拠点を置き、転職希望者とは基本的に対面での面談を実施
・一人あたり平均紹介求人数19.5件と、豊富な選択肢を提示

薬キャリ

・薬剤師登録者数No.1、年間20,000人以上の薬剤師が転職活動に利用
コンサルタント満足度95%
・医療業界に特化してきた専門性の高さ
・希望に合った求人を最短即日で最大10件紹介してくれるといった迅速な対応
派遣にも力を入れており福利厚生も充実

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

直接1人1人と直接顔を合わせて話を聞きサポート
・求人紹介先からも高い満足度により信頼関係を築いている
・薬剤師の転職成功率90%超の実績
・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かしたスキルアップ・キャリアアップ

リクナビ薬剤師

・年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営
・非公開求人には他では見つからない求人多数
・ほかのサイトに比べて大手企業の求人数が多いらしい
最短3日で転職が実現するスピーディーさ

仕事を辞める?続ける?決断前に行った方がいいこと

仕事を辞めたいと思っても、「本当に辞めてもいいのだろうか」と悩み、なかなか結論を出せない人も多いです。

退職後に「やっぱり辞めなければ良かった」と後悔しないためにも決断は慎重に行いましょう。

ここでは、仕事を辞めるべきか、続けるべきかを冷静に判断する方法を紹介します。

仕事を辞めたい理由を書き出してみる

ノートに仕事を辞めたい理由を書き出してみて下さい。

強いストレスを感じていることや不安、怒り、愚痴などを思うままに全部書いてみましょう。

ストレスは感じていても外へ出すとある程度軽くなるし、書くことで、自分が心の奥底に持っている本当の気持ちが分かります。

言語化することで、現在の状況を冷静に分析できて、今後の見通しを立てやすくなります。

転職する場合のメリットとデメリットを書き出す

仕事を辞めたい理由を整理したら、次に転職する場合のメリットとデメリットを書き出してみましょう。

職場を変えるメリットは、現在の悩みから解き放たれることですよね。

「苦手な上司や同僚と顔を合わせなくてすむ」とか「サービス残業からの解放」など、メリットは人によってさまざまです。

デメリットは「キャリアが中断する」「転職活動をしなければいけない」などが考えられるでしょう。

仕事を辞めなかった場合のメリットとデメリットを書き出す

次に転職しなかった場合のメリットとデメリットも書き出してみて下さい。

メリットは「慣れた環境で落ち着いて仕事ができる」「キャリアを積み重ねることができる」などでしょうか。

デメリットは「人間関係」や「サービス残業」「収入面での不満」など、現在の悩みが解消されない点です。

メリットとデメリットを比較してみる

最後に「転職した場合のメリットとデメリット」「転職しなかった場合のメリットとデメリット」を比較してみましょう。

職場を変えた場合のメリットは、変えなかった時のメリットよりも大きいでしょうか?

職場を変えた場合のデメリットは、変えなかった時のデメリットよりも小さいでしょうか?

転職したい理由を考慮して決断する

最終的には、転職したい理由を考慮して決断する必要があります。

仕事を辞めたい理由が能力不足の場合は、新しい職場でも苦労して辞めたくなる可能性が高いでしょう。

この場合は転職せずに今の職場でスキルを磨く方が将来の安定に繋がります。

一方で、いじめや派閥争い、パワハラやセクハラなどの人間関係が悪化している場合は、心身の健康を損ねる恐れがあるので、無理をして仕事を続ける必要はありません。

ブラック企業に勤めている場合も同様です。

円満に退社することを心がける

退社する時は、喧嘩したり後ろ足で砂をかけたりするような格好悪い去り方はやめましょう。

薬剤師は意外と狭い業界なので、去り際が悪いと自分の将来のためにもなりません。

不満はあっても、できるだけ円満に退社する方が得策です。

できれば辞める前に次の職場を探そう!薬剤師の転職エージェントが助けになってくれる

退社を決意したら次は転職先を探さなくてはいけませんが、収入面を考えると、仕事を辞める前に次の職場を見つける方が賢明です。

ただ、働きながら新しい職場を探すのは時間的にも精神的にも負担がかかります。

転職エージェントを利用すれば、担当のコンサルタントが希望に合う求人探しから面接日程の調整、事前対策、条件交渉などあらゆる転職活動をサポートしてくれ、

条件の良い非公開求人を紹介してくれることもあります。

面接対策では、コンサルタントは企業が欲しがる人材を熟知しているので「採用されやすい受け答え」について、アドバイスしてくれるでしょう。

また、「今後どのようなキャリアを築きたいか」といった将来設計の相談も可能です。

転職エージェントの運営費は、紹介者の採用時に企業側が支払う成功報酬で成り立っているので、薬剤師はサービスを無料で利用できます。

マイナビ薬剤師は利用者満足度No.1

転職エージェントを利用する時に、「数が多くてどこに登録したらいいか分からない」と戸惑う薬剤師も多いのでは?

正直、サイトを見ても内容は似たり寄ったりですが、マイナビ薬剤師は登録しておいて損はありません。

マイナビ薬剤師は数多い転職エージェントの中でも、「利用者の満足度がNo.1」と評価されているんですよ。

また、薬剤師が「転職で初めて登録したサイトNo.1」としても知られています。

マイナビ薬剤師は全国各地に拠点を置き、利用者とは基本的に対面での面接を実施。

一人あたりの紹介件数が14.2件と多く、希望に合う求人を見つけやすいと評判です。

「正社員の公開求人数もNo.1」なので、長く働ける職場を探している人にはピッタリの転職エージェントです。

マイナビ薬剤師

前向きに転職するために

不満があっても我慢して働き続けるのも一つの方法ですが、無理をし過ぎると心身の健康を損ねるかもしれません。

時機を見て転職する方が、その後の人生が有意義に運ぶケースも多々あります。

どうせ職場を変えるなら「前向きな転職」をおすすめします。

「自分の強みや足りない部分」「どんな薬剤師を目指すか」「希望の年収や勤務条件」など、自分の考えをきちんと整理すると、理想の仕事場に出会える確率が上がりそうですね。

悩んでいる時は、冷静に自分を見つめ直すのは難しいもの。

転職活動を行う時は、第三者(転職のプロ)の力を借りる方が自分に合った職場を見つけやすいでしょう。

自分の才能を十分に活かせるような、相性の良い勤務先が見つかるといいですね。

 

激動する薬剤師の世界で悔いのない転職をするなら求人サイトを活用しよう

大きな薬価改定や「対物業務から対人業務へ」という方針の変化など、薬剤師の環境は大きな変化を強いられています。

その変化によって、適応できず勤務先が廃業してしまった、仕事が激務になったなどの話も聞いたりします。

かつては売り手市場と言われた薬剤師の転職も、その変化の影響を受けないわけがありません。

そんな中で、後悔のない転職活動をするためには、自分が企業にとってどう映るのかという客観的な視点や、企業の表には出てきにくい情報などもしっかり吟味したうえで慎重に転職活動をすすめていく必要があるでしょう。

それらの大きな助けとなってくれるのが薬剤師専門の求人サイトです。

ここでは4つお伝えするので、転職を考えるなら、ぜひ登録してみてください。

登録・利用はいずれも無料です。

マイナビ薬剤師

「薬剤師転職エージェントご利用者満足度No.1」と評価されたマイナビ薬剤師。

その理由は、「会う」ことで、あなたが仕事に対して何を求めているか、その希望を実現するため手伝うできることは何かを明確にできると考えていること。

そのため、日本全国に拠点を置き、転職希望者とは基本的に対面での面談を実施しています。

さらに、人それぞれの転職理由を丁寧な対応の中で「本当の気持ち」を汲み取り、一人あたり平均紹介求人数19.5件と、豊富な選択肢を提示してくれます。

はじめての転職なら、丁寧なフォローで不安を解消しつつ転職活動をすすめられるので、登録をおすすめします。

登録・利用は無料です。

マイナビ薬剤師

薬キャリ


薬剤師登録者数No.1にもなり、年間20,000人以上の薬剤師が転職活動に利用する薬キャリエージェント。

コンサルタント満足度95%を誇り、医療業界に特化してきた専門性の高さと希望に合った求人を最短即日で最大10件紹介してくれるといった迅速な対応が特徴です。

求人情報の裏側も徹底調査し、表には出てこない「なぜ年収が高いのか?」「有給はきちんと取得できているか?」など、きちんと納得した上で仕事を探すことができます。

また、正社員やパートのみならず、派遣にも力を入れており、融通の利きやすい働き方をすることもできますし、派遣といえども福利厚生も充実しています。

全国多数の非公開・好条件求人を保有していますし、登録・利用は無料でできるので、転職を考えたなら、いろんな可能性を見るためにまずは登録しておきたいサイトです。

薬キャリ

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ
ファルマスタッフ-薬剤師の転職派遣支援サービス

「お会いする姿勢」を大切に、できる限り直接1人1人と直接顔を合わせて話を聞き、サポートしてくれるファルマスタッフ。

その姿勢は、求人紹介先にも向けられているようで、高い満足度により信頼関係を築いています

おかげで、薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績。

転職活動を丁寧にサポートしてくれるだけでなく、グループ企業である大手薬局チェーン・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かし、スキルアップ・キャリアアップの機会が得られるのも大きな特徴。

転職の機会にステップアップしていきたいと考えるならぜひ登録したいサイトです。

もちろん、登録・利用は無料です。

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する薬剤師専門サービスです。

リクルートならではのネットワークは強いようで、非公開求人にはリクルートグループでしか見つからない求人も多数あります。

ほかのサイトに比べて大手企業の求人数が多いともいわれています。これまで培った人材紹介サービスとしてのノウハウがあるからこその、最短3日で転職が実現するスピーディーさも魅力です。

転職活動になかなか時間が割けなくても、「薬剤師は忙しい」ことを前提に、面談の日程調整や合否連絡、退職手続きの方法など、転職の際に発生する連絡業務、事務手続きなどをしっかりとサポートしてくれます。

大手企業に転職したい、良い条件のところに転職したいなら登録しておきたいですね。登録・利用は無料です。

リクナビ薬剤師

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)