薬剤師の仕事内容

新米薬剤師に送る!現役薬剤師が教える服薬指導のススメ

服薬指導は、患者さんが正しく安全に薬を服用できるように行う大切な業務です。

ただ薬を渡せば良いということではありません。

薬剤師になりたての頃は、患者さんと話をすることに抵抗があり、苦手意識を持ってしまう人が多いと思います。

「患者さんからの質問に答えられなかったらどうしよう」と思ってしまうんですよね。

ここでは、調剤薬局で薬剤師が行う服薬指導について、

患者さんに感謝されるような、感動するような服薬指導のコツをお伝えします。

誰でも最初は苦手だった

服薬指導とは、医師が処方した薬の情報を患者さんへ説明し、安全に服用してもらうために行う業務です。

しかし「言うが易し、行うが難し」とはこのことで、いざ自分がやるとなると、なかなか上手くできませんよね。

「ちゃんと患者さんに伝わったのだろうか」
「理解してもらえただろうか」
「上手く言えなかったなぁ」
「伝え忘れた事なかったかなぁ」

ということを、全ての薬剤師は経験します。

何でもできる憧れの先輩も、みんな最初は同じでした。

これからお話しするポイントを押さえるだけで、間違いのない服薬指導ができます。

転職を考えるならまず登録したい薬剤師求人サイト4選


登録・利用はいずれも無料です。

マイナビ薬剤師

・「薬剤師転職エージェントご利用者満足度No.1」
・転職者と「会う」ことを大事にしている
日本全国に拠点を置き、転職希望者とは基本的に対面での面談を実施
・一人あたり平均紹介求人数19.5件と、豊富な選択肢を提示

薬キャリ

・薬剤師登録者数No.1、年間20,000人以上の薬剤師が転職活動に利用
コンサルタント満足度95%
・医療業界に特化してきた専門性の高さ
・希望に合った求人を最短即日で最大10件紹介してくれるといった迅速な対応
派遣にも力を入れており福利厚生も充実

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

直接1人1人と直接顔を合わせて話を聞きサポート
・求人紹介先からも高い満足度により信頼関係を築いている
・薬剤師の転職成功率90%超の実績
・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かしたスキルアップ・キャリアアップ

リクナビ薬剤師

・年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営
・非公開求人には他では見つからない求人多数
・ほかのサイトに比べて大手企業の求人数が多いらしい
最短3日で転職が実現するスピーディーさ

新患・再来患者別、服薬指導の手順

初めて来局される患者さんと、再来患者さんの場合では、服薬指導で話す内容は異なります。

患者さんから聞き取ることや、薬剤師が説明することはとても多いですよね。

これらが頭の中で整理されていないと、「薬の説明忘れ」「患者さんからの聞き取り忘れ」が起きてしまいます。

また、きちんと順番に聞き取りができていないと、後で疑義照会をするハメになり、患者さんを不必要に待たせてしまいます。

説明忘れや患者さんからの聞き取り忘れをなくすために、手順通りに服薬指導をしてみましょう。

初めて来局される患者さんの場合

薬の説明をする前に、患者さんから聞き取りを行います。

聞き取る内容は

  • 他の病院やクリニックを受診していないか
  • 併用中の薬はないか
  • 治療中の疾患や既往歴はないか
  • 過去にアレルギーや副作用が出た薬がないか
  • 食べ物でのアレルギーはないか
  • 胃が弱い、下痢しやすいなどの体質はないか
  • 妊娠、授乳中か
  • 酒、タバコ、カフェインなどの接種状況
  • 車の運転はするか
  • 高所作業、機械操作など危険を伴う作業をするか
  • 起床、就寝時間などの生活サイクル
  • 1日の食事の回数
  • 薬の管理は誰がするか

などです。

箇条書きにすると結構たくさんありますね。

お気づきだと思いますが、これらは問診票に記載されている項目ですよね。

薬歴の頭書きに残す内容なので、とても大切な情報です。

調剤中に患者さん自身に記入してもらうことで、後の服薬指導がスムーズに行えます。

問診票の内容を見て、患者さんの既往歴や体質、合わない薬が処方されていないかなどをしっかり確認して下さい。

この情報と処方された薬をもとに、服薬指導で話す内容や改めて確認することなどをあらかじめ考えておきましょう。

服薬指導で話す項目は以下となります。

  • 薬の名前
  • 服用の時間や回数
  • 1回の服用量
  • 飲み忘れた時の対応
  • 注意してほしい副作用の症状
  • 副作用が起こった時の対応
  • 治療完了後の薬の取り扱い
  • 飲み合わせ
  • 保管方法
  • 患者さんが説明を理解したか
  • 薬について質問はないか
  • 医師に伝え忘れたことはないか
  • 次回受診予定

再来患者さんの場合

基本的には、初めて来局される患者さんと同様ですが、前回の処方に対しての確認項目が多くなります。

  • 新たに他に受診した病院はないか
  • 新たに併用薬はないか
  • 前回薬は用法通りに服用できたか
  • 飲み忘れはなかったか
  • 薬の効果はどうだったか
  • 薬を飲んで副作用と思われる症状はなかったか
  • アレルギーと思われる症状はなかったか
  • 診察時に医師に指導された事
  • 今後の治療の方針
  • 処方内容の確認
  • 前回処方薬との違い
  • 血液検査をしていたらその結果
  • 薬について質問はないか
  • 医師に伝え忘れたことはないか
  • 次回の受診予定

以上です。

慣れるまでは手順通りに、1人でも多くの患者さんへ服薬指導をしましょう。

また、初回問診票で確認したアレルギー歴、副作用歴、体質は、

時間とともに変更になる場合があるので、定期的に更新が必要です。

このように、上に書いた手順通りの服薬指導を行うことで、先にお話しした

「薬の説明忘れ」

「患者さんからの聞き取り忘れ」

を防ぐだけでなく、継続的に患者さんを管理して行く上で、必要十分な服薬指導を行うことができるのです。

より良い服薬指導をするためのコツ6個

手順通りに服薬指導が出来るようになったら、次はもっと患者さんと親身になれるような服薬指導をしたいですよね。

患者さんからの信頼度も上がりますし、色々なことを相談したり話したりしてくれるようになれたら一人前です。

そのような服薬指導をするためのコツ6個をお話しします。

傾聴

一方的にこちらが話をしていてはいけません。

薬の情報を伝えたいという気持ちはわかりますが、患者さんからの聞き取りも大切です。

診察時には話さなかった内容がどんどん出てくることもあります。

また、治療とは関係ない悩みや世間話から、服薬指導に役立つ情報を得ることもあります。

話し上手は聞き上手なんてことわざもあります。

しっかりと患者さんとコミニュケーションを取り、「対話」することを意識しましょう。

共感

服薬指導では、相手の立場に立って物事を考えることがとても大切です。

患者さんの話を否定してはいけません。

「あなたの話をきちんと理解していますよ」と意思表示することで、患者さんに安心感を与えます。

  • うなずき
  • 相槌を打つ
  • 患者さんの訴えをオウム返しする

といったテクニックはとても有効です。

また、患者さんが辛そうな時は、こちらも声のトーンも抑えたり、

患者さんが楽しそうな時は、こちらも笑顔になるなどするとより効果的です。

安心感を持ってもらうことで、患者さんからよりたくさん話を引き出す事ができます。

急いでいる患者さんや話をしてくれない患者さんへの対応

急いでいたり話をしてくれないと、ただ薬を渡すだけになっていませんか?

このような患者さんへの服薬指導はとても難しいですよね。

急いでる患者さんへは、調剤を他の人に任せて、その間に「お薬を準備している間に、先にお話しさせてください」

と必要なことを確認すると、とてもスムーズにいきます。

また、なかなか話をしてくれない患者さんへは「はい・いいえ」で答えられる

クローズドクエスチョンを使用すると情報を収集できます。

例えば

「今日は風邪ですか?」
「熱はありますか?」
「飲んで具合が悪くなった薬はないですか?」

など簡単に応えることができ、こちらも求めている情報が得やすくなります。

一度の服薬指導で全部伝えなくても良い

一度の投薬で全部伝えなくて良いという理由は、患者さんが覚えきれないからです。

一通り説明したけれど、一番注意しなければならない事を忘れてしまう確率が高く、

結局聞いていないことと同じくなってしまいます。

まずは重要なことだけ伝えてください

次に来局された時に、前回話をしたことを確認して、新しい情報を話して上げると、きちんと伝わります。

指導せんと薬情を活用する

薬ひとつでも、伝えることが多くなることもあります。

それが2個、3個となると患者さんは覚え切れません。

「メラビアンの法則」を知っていますか?

情報が相手に与える影響は

  • 言語7%
  • 聴覚38%
  • 視覚55%

という「7−38−55ルール」があります。

言葉だけで伝えるのではなく、指導せんや薬情を使用して視覚からも伝えることで記憶が定着します。

また、薬情の写真と、手元にある薬を照らし合わせて話をすると、調剤過誤の防止にもなります。

フォローアップ

2020年9月の薬機法改正で、薬剤師のフォローアップが義務化されました。

薬を渡した後も、患者さんが薬を使用している期間中の服薬状況、体調の変化や生活の状況を把握し、

電話やオンライン、電子メール等も活用しながら継続的に服薬指導を行っていかなければなりません。

服薬指導時にフォローアップの必要性を検討し、必要な場合には患者さんの同意のもと、

  • いつ連絡をするのか
  • 何を気をつけて欲しいのか

を伝えるようにしましょう。

フォローアップを行うことで、患者さんも安心して薬を飲んでもらうことができます。

使わない方が良い言葉

服薬指導中に「多分、大丈夫です」「〜だと思います」という言葉は使わないで欲しいです。

理由は、いいかげんな回答をしてしまうと、患者さんからの信頼が得られなくなってしまうからです。

根拠や証拠があって、自分の考えを言う分には良いのですが、調べもせずに適当なことを話ししていると思われてしまいます。

患者さんに聞かれて答えられなかった時は、素直に「すみません、わかりません」という事が大切です。

その上で

「分かるものに聞いて参ります」
「次回までに調べておきます」
「分かったら後ほどご連絡させてください」

という方が、患者さんは「真剣に対応してもらえている」と思い、圧倒的に信頼度が上がります

相手の気持ちを察して、服薬指導をしましょう

病院やクリニックで診察時にされた説明を、患者さんが忘れてしまったり、

先生が言っていた薬がどれだかわからなくなってしまう事があります。

また、医師から「指示した通りに薬を使っていない」「薬剤師が意図と違う説明をした」と言われることもあります。

ここでのポイントは、

  • 患者さんの気持ち
  • 医師の考え

を理解する事です。

実際に自分が受診してみて、医師がどのような説明をしているのか体験してみると患者さんの気持ちがわかると思います。

医師の考えを理解するには、診療ガイドラインを読むことをお勧めします。

インターネットで検索すると、日本循環器学会や日本糖尿病学会、日本癌治療学会など

色々な学会が、疾患ごとの治療ガイドラインを公開しています。

最新版は有料になりますが、1〜2年前のものは無料で見ることができます。

他にも、医師や看護師向けの書籍を読むと、とても勉強になります。

例えば「今日の治療指針」「病気がみえる」シリーズがおすすめです。

今回紹介したガイドラインや書籍は、医師向けなので、ハッキリ言って内容はとても難しいです。

しかし、全て覚える必要はありません。

これらを学ぶことで、なぜその薬を処方したのか、なぜ薬を変更したのか手に取るように分かるようになります。

読むだけで、薬剤師として見える世界が変わります

医師の処方意図を理解し、説明できることで患者さんからだけでなく、

医師からの信頼がものすごく上がるので、ぜひ勉強してください。

ここまでくると、服薬指導が楽しくなり、自分で感動できるはずです。

まとめ

服薬指導は、薬剤師の重要な業務です。

患者さんが安全安心に、正しく薬を服用するためには欠かせません。

服薬指導で確認することは、決められた項目通りに行うことで、漏れのない服薬指導を行う事ができます。

さらに患者さん個別に対応を合わせて行う事で、より細かな服薬指導を行う事ができます。

より、服薬指導の内容を充実させるためのコツは

  • 傾聴
  • 共感
  • 急いでいる患者さんや話をしてくれない患者さんへの対応
  • 一度の服薬指導で全部伝えなくても良い
  • 指導せんと薬情を活用する
  • 使ってはいけない言葉
  • フォローアップ

この7つをものにして下さい。

さらに感動する服薬指導のためには、患者さんの気持ちと、医師の考えを理解する事です。

実際に自分で受診してみたり、治療薬ガイドラインを読むことで、より深い内容の服薬指導ができると思います。

患者さんの中には、服薬指導なんていらないよという人も時々いますが、薬を正しく使用してもらうためにはとても大切なことです。

患者さんがそう思ってしまう背景には、薬剤師がきちんと服薬指導をできておらず、

「患者さんに服薬指導の価値をわかってもらえていない」という原因があるのではないでしょうか?

服薬指導の出来次第で、治療の効果に差が出てしまってはいけません。

上で説明した内容をしっかり身につけて、患者さんからも医師からも感謝されるような服薬指導を目指しましょう!

激動する薬剤師の世界で悔いのない転職をするなら求人サイトを活用しよう

大きな薬価改定や「対物業務から対人業務へ」という方針の変化など、薬剤師の環境は大きな変化を強いられています。

その変化によって、適応できず勤務先が廃業してしまった、仕事が激務になったなどの話も聞いたりします。

かつては売り手市場と言われた薬剤師の転職も、その変化の影響を受けないわけがありません。

そんな中で、後悔のない転職活動をするためには、自分が企業にとってどう映るのかという客観的な視点や、企業の表には出てきにくい情報などもしっかり吟味したうえで慎重に転職活動をすすめていく必要があるでしょう。

それらの大きな助けとなってくれるのが薬剤師専門の求人サイトです。

ここでは4つお伝えするので、転職を考えるなら、ぜひ登録してみてください。

登録・利用はいずれも無料です。

マイナビ薬剤師

「薬剤師転職エージェントご利用者満足度No.1」と評価されたマイナビ薬剤師。

その理由は、「会う」ことで、あなたが仕事に対して何を求めているか、その希望を実現するため手伝うできることは何かを明確にできると考えていること。

そのため、日本全国に拠点を置き、転職希望者とは基本的に対面での面談を実施しています。

さらに、人それぞれの転職理由を丁寧な対応の中で「本当の気持ち」を汲み取り、一人あたり平均紹介求人数19.5件と、豊富な選択肢を提示してくれます。

はじめての転職なら、丁寧なフォローで不安を解消しつつ転職活動をすすめられるので、登録をおすすめします。

登録・利用は無料です。

マイナビ薬剤師

薬キャリ


薬剤師登録者数No.1にもなり、年間20,000人以上の薬剤師が転職活動に利用する薬キャリエージェント。コンサルタント満足度95%を誇り、医療業界に特化してきた専門性の高さと希望に合った求人を最短即日で最大10件紹介してくれるといった迅速な対応が特徴です。求人情報の裏側も徹底調査し、表には出てこない「なぜ年収が高いのか?」「有給はきちんと取得できているか?」など、きちんと納得した上で仕事を探すことができます。また、正社員やパートのみならず、派遣にも力を入れており、融通の利きやすい働き方をすることもできますし、派遣といえども福利厚生も充実しています。

全国多数の非公開・好条件求人を保有していますし、登録・利用は無料でできるので、転職を考えたなら、いろんな可能性を見るためにまずは登録しておきたいサイトです。

薬キャリ

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ
ファルマスタッフ-薬剤師の転職派遣支援サービス

「お会いする姿勢」を大切に、できる限り直接1人1人と直接顔を合わせて話を聞き、サポートしてくれるファルマスタッフ。

その姿勢は、求人紹介先にも向けられているようで、高い満足度により信頼関係を築いています

おかげで、薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績。

転職活動を丁寧にサポートしてくれるだけでなく、グループ企業である大手薬局チェーン・日本調剤株式会社の教育ノウハウを活かし、スキルアップ・キャリアアップの機会が得られるのも大きな特徴。

転職の機会にステップアップしていきたいと考えるならぜひ登録したいサイトです。

もちろん、登録・利用は無料です。

薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが運営する薬剤師専門サービスです。リクルートならではのネットワークは強いようで、非公開求人にはリクルートグループでしか見つからない求人も多数あります。ほかのサイトに比べて大手企業の求人数が多いともいわれています。これまで培った人材紹介サービスとしてのノウハウがあるからこその、最短3日で転職が実現するスピーディーさも魅力です。転職活動になかなか時間が割けなくても、「薬剤師は忙しい」ことを前提に、面談の日程調整や合否連絡、退職手続きの方法など、転職の際に発生する連絡業務、事務手続きなどをしっかりとサポートしてくれます。

大手企業に転職したい、良い条件のところに転職したいなら登録しておきたいですね。

登録・利用は無料です。

リクナビ薬剤師

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)